サミタ爆発しろ跡地

\ おやつカルパス最高!/

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

絶対衝激IIでエラーが出る奴は試してみろ

絶対衝激のキャラで誰が好きかといえば、やっぱり伊勢島綾たんでしょう。
だって名塚だよ名塚。


それにほら、モリマンだし。


それはともかく
絶対衝激IIのアプリは正式版になってからなんか安定してないね。

NETの機種なんかも同一機種に再着席しようとするとアプリエラー吐くけど、
絶対衝激IIの場合は、ほぼ確実にVisual C++のランタイムエラーが出るね。


Windowsでゲームをやってるとこのエラーには結構お目にかかることが多くて
たまに起きる程度なのに、発生したときはヘイトがめっちゃ上がるという。

まあ、大抵は一通り再インストールすれば直るので、
騙されたと思って試してみろよ。


やり方が分からない奴は、以下の手順を見ながらやってみろ。
これ見ても分からないやつはすみませんでした。


手順は以下の4つ。
分かるやつは飛ばしていいよ。


1.システムの種類(32bit or 64bit)の確認
2.インストールされているすべてのVisual C++ランタイムの削除
3.Visual C++ランタイムのダウンロードとインストール
4.更新プログラムの適用



1.システムの種類(32bit or 64bit)の確認

使ってるOSでおおまかに判別はできるんだけど…

Windows XP→32bit(64bitもあるけど特殊なので)
Windows Vista→ほぼ32bit(64bit環境もいるけど稀。DELLくらい?)
Windows 7→32bit / 64bit混在なので、知らないなら確認する必要あり。

まあ、やり方含めて一応知っておいて損はないから…。


Windowsキー+Rで[ファイル名を指定して実行]のダイアログを出して、
そこに msinfo32 と入力して[OK]


ちなみにWindowsキーはこんなやつ→
大抵はキーボード左のCtrlとAltの間にあるはず。


システム情報が表示されるので、その中の[システムの種類]を確認。

 x86-ベースPC → 32bit OS
 x64-ベースPC → 64bit OS
となる。


2.インストールされているすべてのVisual C++ランタイムの削除

Visual C++のランタイムは2005、2008、2010、2012とあって
サミタの場合は2010まであればとりあえずは動く模様。

いま自分の環境にどれがインストールされてるのかはプログラムの追加と削除を開いて
確認して欲しいんだけど、そこまで到達できない馬鹿とか少しでも楽したいやつは
Windowsキー+Rで[ファイル名を指定して実行]のダイアログを出して
そこに appwiz.cpl と入力して[OK]


どういうものが表示されているかは使用している環境によって違うけど、
Microsoft Visual C++からはじまっているものは、すべて削除する。


削除する順番は、バージョン(2005とか2008とか)はどうでもいいけど、
リビジョン(~Redistributable以降についてる数字)の新しいものから削除すること。

基本的に表示されてる下から順番に削除していけば問題ないはず。


すべての削除が完了したら、いちどPCを再起動させる。


3.Visual C++ランタイムのインストール

以下のプログラムを順番に適用する。
Visual C++ 2010だけは完了のために再起動が必要かも。
あと、サミタの場合はx64版は必要ない気もするけど、
まあインストールしておいて損はないから…。


[32bit環境 & 64bit環境]

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5638

Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=5582

Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8328



[64bit環境のみ]

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=18471

Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=15336

Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13523



4.更新プログラムの適用

Visual C++ 2005にKB2538242、2008にKB2538243、2010にKB2565063と、
それぞれセキュリティ更新プログラムがリリースされているので、
Windows Updateから更新を行うこと。

完了すると64bit環境ではこんな感じになるはず。
32bit環境では(X64)ってやつが無い。

Visual C++ 2005のバージョンは以下になる。

 Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable 8.0.61001
 Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable (X64) 8.0.56336
 Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable (X64) 8.0.61000


手順は以上。

すくなくとも俺の環境は改善されてるので、結構な割合で改善すると思う。
逆にコレでもダメって人はOSの再インストールとか考えたほうがいいよ。


しかし本来はこういう情報は公式が提供すべきものだと思うんだがね。
サミーネットワークスは技術的な問い合わせをしても頓珍漢な回答しか
返せない無能揃いだから仕方ないのかね。

閉店くんやらアニマルかつみ呼んだり、777girlsみたいなその場限りの
使い捨てコンテンツに金をかけるより、こっちに金かけて欲しいわホント。
アニかつはおもらしの影響で来なかったけどさ。


使い捨てといえば…



続いてた!!(驚愕)
関連記事

| ■【サミタ】その他 | 08:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。