サミタ爆発しろ跡地

\ おやつカルパス最高!/

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛のメモリー

ウチのPCは一昔前の定番構成で、Core2Duo E8400(3GHz)にメモリ2GBの構成。
スカイリムでヒャッハーしたりってのは非常に難しい環境。
だけど、DiabloIIIはナントカして遊ぼうと思っている。

そんなPCで、技術力の無さには定評のあるサミタをプレイしている。

が、とにかくサミタのアプリはメモリの消費が酷く、サミタ以外にもエロ動画を見たり
アレな編集をしたりエロ動画を見たりしてると、気が付くと物理メモリを使い切って
スワップしまくりのもっさり状態になってる事が。

兎にも角にも、掴んだメモリは離さないサミタのクソ仕様がムカつくので、
Windows Server 2003 Resource Kit Toolsの中に入ってるempty.exeを使って
定期的にメモリを開放させている。
 
empty.exeは使い方は簡単で安全。使い方を解説しているサイトも沢山あるので、
興味のある人は適当に検索してみておくれ。


そしてメンテが明けた。


最新機種のBLOOD+には座れなかったので、ボトムズを打つことにした。
打ち始めて30分もした頃、なんかPCがもっさりする。

タスクマネージャを見ると、どうもメモリが開放されていない。
empty.exeはタスクスケジューラで定期的に起動してるのに、おかしいな?

つーか、portal.exeが無いんだけど…。


Windows SysinternalsにあるProcess Explorerを使っても、portal.exeは発見できず、
他の使えば見つかったが、システム上は完全に隠蔽されてる扱いになってる。

ゲームとかがDドライブ、エロ動画はEドライブに入ってます!



そうこうしてるうちに、ボトムズはこんなことになった。

サミタしか動いてないのに…。



で、先のツールを使えば、隠蔽されたプロセスも殺せるんですよ。


これがどうなるかっていうと…

こうなる。

実に約1.4GBの物理メモリと、4.2GBもの仮想メモリが開放された。


今回なんでこういうことやらかしてるかっていうと、邪推の域を出ないんだけども、
なぜか押し順がわかっちゃうエスパーと、きちんと仕事をするセキュリティソフトに対して
マトモな対策が施せないから、もうportal.exeを見えなくしちゃえ!って短絡的な考えだと思う。


個人的にはエスパーはプレイデータを精査して個別に処理してけばいいと思うんだけどさ、
キーロガー仕込んでたり、他のプロセスを監視したりっていう、あまりよろしくないことを
セキュリティソフトから指摘されまくるのがウザいからってプロセスを隠蔽するのは
よろしくないと思うんだよなあ。


empty.exeはプロセス名(portal.exe)かプロセスID(PID)を指定することもできるんだけど、
Process Explorerでも表示されない隠蔽をされると、機能しないんだよねw


そんなわけで、サミタ側でメモリリークの問題が改善されるか、サミタを起動した状態で
メモリを開放する方法が見つからなければ、遠くないウチにサミタはやめると思う。


x64版 Windows 7を導入すれば解決するんだろうけどねw



それから配布された10枚インテ袋の開封してみた。

しっかり愛子が入っててワロタ。
関連記事

| どうでもいい | 12:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。